イストワール司法書士事務所を紹介されました

先日、ネット通販関係でちょっとしたトラブルに巻き込まれたんです。
今は解決しているので笑って話せるのですが、知識もない中で当初は焦りました。
たまたま友人からイストワール司法書士事務所を紹介されたので相談したところ、
思ったよりスムーズに解決したので、やはりプロに任せると話が早い、と納得した次第です。
何か困ったことがあればその道の専門家に頼むのが一番ですね。
知り合いを紹介してくれた友人にはお礼をしないと!

シリコーンレンズと農業

シリコーンレンズというと何を連想しますか?
家族に聞いたところ「コンタクトレンズ?」という答えが返ってきました。
一生かかわらないこともあるかもしれない単語ですが、
よくよく調べてみると身近な農業にも利用されています。
農業用水用のとあるものにシリコーンレンズが利用されていますが
農業にかかわる人ならわかるかもしれませんね。
これは通販でも買えるものなんですが、これはクイズにしておこうかな?
興味のある人は聞いてください。

化粧品なら化粧品製造許可やお酒なら酒類製造免許など。

思うに若者が何か新しいことを始められないのは、様々な規制はあまりに多すぎるからだと思うのです。
化粧品なら化粧品製造許可やお酒なら酒類製造免許など、
お客さまがいるから当然といえば当然などですが、あまりに法治国家のイメージが強く、
違反し逮捕その後社会復帰が難しいという略式的なものでは、それは怖くてできないなとも思います。
なら単純に法律を学んだ上で、しっかり勉強し始めればのがいいのでしょうが、
みんながみんなそうしっかりできるわけでなく、
そういう人は得てして嫌々システムチックな仕事に行うことになります。
ほんと、農業がもっと窓口が広い社会だったらいいのにと思いますね。

ハワイアン雑貨ショップの友人とコラボ!?。

大手ショッピングモールで頻繁ではないですが、
別のショップさんとコラボしている事がありますよね。
カバン屋さんとアクセサリー屋さん、アジアン雑貨と眼鏡屋さん、
まったく別業種のショップさん達が出すものは見ていて面白いです。
自分のショップをいかに全面に打ち出すか!?
というECですが、こうして他では買えないものが出てくるのは、ECショップならではでしょうか?
そんなわけで私も友人がやっているハワイアン雑貨のショップとなにかコラボ出来ないかと、
友人に提案書を出そうと思っております。

農業も異なる仕事を二相流の如く回さなければ。

このままTPPが実行されることがあれば農業のあり方が変革せざるを得ない状況だと言えます。
良い面と悪い面もあるのが知っている限りではあります。
安い作物が大量に入って来れば、それらと対抗する農家は、値段を競る厳しい状況であるでしょうが、
ハイクラスのスーパーや個人で飲食店への提供が可能なレベルであれば、話は別です。
あえて安くする必要はなく、質を上げることを重要視すればいいのでしょう。
農協などのマージンが家かからない分より、収入に直結するのも魅力的です。
ただ、それを行う裁量が農業の裁量でないことがネック。
異なる仕事を二相流の如く回さなければなりません。
農業はこれから企業化・ネット化がさらに加速しそうです。

なんでも通販出来るな、もしかしてウユニ塩湖の塩も・・・?

インターネットショッピングが便利でかなり頻繁に利用してます。
通販のセールとか目を付けておいたアイテムをまとめ買いするチャンスだと思っております。
先日某有名温泉地の温泉水を購入して、ふと思ったのです。
なんでも買えるなら「絶景で有名なウユニ塩湖の塩で料理が出来ないだろうか」と。
調べてみました。
ウユニ塩湖の塩・・・たくさん出てきてビックリしました。
早速ポチっ。
ヒマラヤ岩塩やインカ天空塩なるものもポチっ。
家に居ながら世界旅行気分ですね。凄い。

段々畑と部署がパーテーションレンタルで区切られてと。

日本の段々畑って、見た目の美しさや農業の効率さなど、
いろいろなメリットを併せ持った素晴らしいものですよね。
会社で部署がパーテーションレンタルで区切られていたりしますけど、
そのような効率さだけでなく、やはり情緒があると思うのです。
自然のなせる技だと言われたらそれまでの気もしますが、
人工感があってないような不思議な魅力があります。
こういう、ネット通販では見えないところも、できるだけ発信することができたら、
顧客満足度が高くなると個人的に思います。
栄養価、値段が全てだ、とおっしゃる方もいると思いますが、
それは自然と向き合っていないエゴであると私は言い切ってみたいと思います。

日本では、今豊胸など美容整形の病院が氾濫していますが。

TPP施工目前で、このまま行けば農協が潰れるのが時間の問題だと思われますが、
それなりにノウハウがある個人農家にして見れば、農協はないほうが良いと言われていたりで、
当事者ではない人たちにして見れば「そうなの?!」って感じでしょう。
これからは、農業も個人もしくは小さな集まりで構成されていき、
より技術が切磋琢磨せざるを得ない状況になるでしょう。
日本では、今豊胸など美容整形の病院が氾濫していますが、
こういう訳のわからなく意味のないビジネスみたいにはならないでしょうが、
なってほしくないですね。